WinActorノード・ライブラリの使い方

WinActorのノードやライブラリの使い方をまとめています。画像をいっぱい使って説明しているので初心者の方にもオススメです。

ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】リスト選択の実装方法【Chrome, Firefox, Edgeでプルダウン選択】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザでプルダウン選択する方法をご紹介します。 リスト選択を実装する前に ブラウザ起動しページを開いておく リスト選択を実装する前に、ウェブブ...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】辞書ライブラリの使い方

今回は、WinActorの辞書ライブラリの使い方を紹介します。 辞書とは 辞書とは、キーとデータを1セットに持つデータ形式です。例えば以下のようなものです。 参考リンク 1次元配列の使い方2次元配列の使...
ノード・ライブラリの使い方

WinActor サブルーチンの使い方

サブルーチンとは サブルーチンとは、特定のシナリオの処理をひとまとまりにまとめたものです。簡単に言うと小さいシナリオです。 この小さいシナリオは、メインシナリオからいつでも呼び出して実行することが出来ます。なので、処理を分...
ノード・ライブラリの使い方

WinActor 操作記録の使い方

操作記録とは WinActorの操作記録は、手動でやった操作を自動でRPAツールに変換する機能です。WinActorシナリオの作り方があまりわからなくても、この機能を使えば業務の自動化が可能です。 操作記録...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】値の取得の実装方法【Chrome, Firefox, Edgeで文字列取得】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザでの文字列取得方法をご紹介します。 文字列取得を実装する前に ブラウザ起動しページを開いておく 文字列取得を実装する前に、ウェブブラウザ...
ノード・ライブラリの使い方

XPathって何? 取得方法など分かりやすく解説 – WinActor

XPathとは XPathとはざっくりいうと、Webページ上のボタンや入力欄を見つけるための「住所」のことです。RPAロボはこの住所を元に、処理対象の要素を見つけ出します。 Chrome(クローム)、Edge(エッジ)、Fir...
ノード・ライブラリの使い方

WinActor ダブルクリックする方法

今回はWinActorでダブルクリックする方法をご紹介します。 普通のクリックのやり方を知りたい場合はこちらをご覧ください。 ライブラリ「マウス左クリック」 ライブラリ「マウス左クリック」のプロパティで「左ダ...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】ブラウザ起動方法【Chrome, Firefox, Edge】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザの起動方法をご紹介します。 ブラウザ起動の実装方法(Chrome, Firefox, Edgeの場合) 1.ライブラリ>23_ブラウザ関...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】画像マッチングの使い方

RPAネコ WinActorには画面上の画像を検索して、その画像が表示されているかチェックしたり、クリックしたりできる機能があります。今回は、この画像マッチングについてご紹介します。 画像マッチングで出来る事 画...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】1次元配列の使い方

今回は、WinActorの1次元配列の使い方を紹介します。 配列とは 配列とは、ざっくり言うと変数が複数集まって合体したものです。 参考リンク 1次元配列の使い方2次元配列の使い方辞書の使い方 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました