WinActorノード・ライブラリの使い方

WinActorのノードやライブラリの使い方をまとめています。画像をいっぱい使って説明しているので初心者の方にもオススメです。

ノード・ライブラリの使い方

WinActor「選択できないコントロールです」エラーへの対処法

RPAネコ 自動記録アクションライブラリで、対象コントロール指定をすると「選択できないコントロールです。」というエラーが出ることがあります。 「選択できないコントロールです。」エラーが出てきて、クリック操作や文字列取得ができ...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】URLを開く方法(ページ表示)【Chrome, Firefox, Edge】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, EdgeブラウザでURLを開く方法をご紹介します。 ページ表示を実装する前に ページ表示を実装する前に、ウェブブラウザを起動しておきましょう。 RPAネ...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】リスト選択の実装方法【Chrome, Firefox, Edgeでプルダウン選択】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザでプルダウン選択する方法をご紹介します。 リスト選択を実装する前に ブラウザ起動しページを開いておく リスト選択を実装する前に、ウェブブ...
ノード・ライブラリの使い方

WinActorノードやライブラリの使い方 一覧

主要なノード/ライブラリの詳しい使い方を記事にまとめました。記事はどれも画像をいっぱい入れているので初心者にもオススメな解説記事まとめです。 関連記事:意外に正社員求人が多い!WinActor求人状況がたった5分で分かる ...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】表の値取得の実装方法【Chrome, Firefox, Edge】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザでの表の値取得方法をご紹介します。 表の値取得を実装する前に ブラウザ起動しページを開いておく 表の値取得を実装する前に、ウェブブラウザ...
ノード・ライブラリの使い方

【簡単にわかる】WinAcotorでクリックする方法

RPAネコ 今回は、RPAソフトウェア「WinActor」でクリックする方法についてご紹介します。この記事を読めば、大体の画面でクリック操作を行う事が可能になります。 「クリック(IE)」、「クリック(WIN32)」ライブラリ...
ノード・ライブラリの使い方

XPathって何? 取得方法など分かりやすく解説 – WinActor

XPathとは XPathとはざっくりいうと、Webページ上のボタンや入力欄を見つけるための「住所」のことです。RPAロボはこの住所を元に、処理対象の要素を見つけ出します。 Chrome(クローム)、Edge(エッジ)、Fir...
ノード・ライブラリの使い方

【簡単にわかる】WinActorで例外処理を実装する方法

RPAネコ あなたは想定外のエラーが発生した時にこんな事がしたいと思ったことはありませんか。 ユーザにRPA担当者への連絡を促すメッセージを出したいエラー発生時の情報をログに保存して、修正に役立てたい これらは例外処理ノ...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】値の取得の実装方法【Chrome, Firefox, Edgeで文字列取得】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザでの文字列取得方法をご紹介します。 文字列取得を実装する前に ブラウザ起動しページを開いておく 文字列取得を実装する前に、ウェブブラウザ...
ノード・ライブラリの使い方

【繰り返しノード】WinActorで処理を繰り返す方法

RPAネコ あなたは、同じ作業を自動で、数十回数百回やってほしいと思ったことはありませんか?繰り返しノードを用いればそれが実現可能です。 今回はRPAソフトウェアWinActorで、処理を複数回繰り返す方法をご紹介します。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました