RPA経験をもとにお役立ち情報発信中!

WinActor「選択できないコントロールです」エラーへの対処法

RPAネコ
RPAネコ

RPAネコ(@PRAneko)です!

自動記録アクションライブラリで、対象コントロール指定をすると「選択できないコントロールです。」というエラーが出ることがあります。

「選択できないコントロールです。」エラーが出てきて、クリック操作や文字列取得ができない…。

今回は、これに対する解決法をいくつかご紹介します。

自動記録を使ってみる

自動記録を使ってみると、問題なく実装できる場合もあります。一度試してみてください。

〇〇(IE)と〇〇(Win32)を入れ替えてみる

例えば、クリック(IE)ライブラリで「選択できないコントロールです。」エラーが出た場合、クリック(WIN32)で実装してみると、エラーが出ない場合があります。

RPAネコ
RPAネコ

IEから出てきたポップアップ(ダイアログ)が、〇〇(WIN32)ライブラリで実装できた、といった場合もあるよ

画面遷移しないように対象をクリックする

画面遷移するようなボタンを対象コントロールとしてクリックすると、「選択できないコントロールです。」というエラーが出ることがあります。これは、別の画面遷移するとWinActorが対象を見つけられなくなるのが原因だと思われます。

なので、画面遷移しないように対象をクリックしましょう。方法は以下の通りです。

画面遷移しないように対象クリックする方法

  1. どこか適当なところを左クリック(この時画面遷移するようなボタンを押さないように注意)
  2. 左クリックを押したまま、対象までマウスを移動
  3. 対象までマウスを移動させたら、クリックボタンを離す
例:Google検索ボタンを対象コントロールとして選択したい場合

保護モードを無効にする

IEの保護モードを無効にすると選択できるようになる場合があります。

IE > 設定(歯車マーク) > インターネットオプションから以下の設定画面まで行き、「保護モード度を有効にする」のチェックを外してください。その後IEブラウザをすべて閉じてから、再度開いてください。

HTMLを解読して詳細設定を直接記入する

実は対象コントロール指定をしなくても、詳細設定タブで対象を指定することが可能です。

IEが対象であれば、HTMLの知識が必要になります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的には上記の解決策のいずれかを試せば「選択できないコントロールです」エラーは解消できるはずです。

もし、上記の方法で解決できない場合はエミュレーション画像マッチングなどを試してみてください。

▼本気でWinActorをマスターしたいならこちらをチェック

  • WinActorの使い方 入門 6つだけ覚えればOK!(詳細
  • WinActorノードやライブラリの使い方 一覧(詳細
  • WinActor開発スキルアップ記事まとめ(詳細
  • WinActor勉強方法 独学から研修まで幅広くご紹介(詳細

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
タイトルとURLをコピーしました