RPA経験をもとにお役立ち情報発信中!

【WinActor】クリックの実装方法【Chrome, Firefox, Edge】

RPAネコ
RPAネコ

RPAネコ(@PRAneko)です!

今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザでのクリック実装方法をご紹介します。

▼WinActorライブラリ使い方 一覧は、こちらでまとめています。

クリックを実装する前に

ブラウザ起動しページを開いておく

クリックを実装する前に、ウェブブラウザを起動し処理対象のページを表示しておきましょう。

RPAネコ
RPAネコ

なぜかと言うとWinActorが操作ができるのは、WinActorで(ブラウザ名を指定して)起動したブラウザのみだからです。

フレーム選択をしておく

フレーム分けされているウェブページの場合、フレーム選択が必要です。詳しくはフレーム選択の使い方をご覧ください。

クリックの実装方法(Chrome, Firefox, Edgeの場合)

1.ライブラリ>23_ブラウザ関連>クリック.ums*を、シナリオにドラッグ&ドロップします。

2.「クリック」ライブラリをダブルクリックしてプロパティを開き、設定を入力していきます。

設定項目説明
ブラウザ名 「ブラウザ起動」ライブラリで設定しておいたブラウザ名を記入します。 そのため、この操作を実装する前に「ブラウザ起動」ライブラリでブラウザ名を指定しておく必要があります。
XPath クリック対象のXPathを設定してください。
XPathとは、ウェブページ上のボタンや入力欄を見つけるための「住所」のことです。XPathの調べ方は「XPathって何? 取得方法など分かりやすく解説」をご覧ください。

失敗するときは

上手くできない場合には、以下の方法を試してみてください。

失敗するときの対処法
  • フレーム選択が正しく行われているか確認する
  • エミュレーションを用いる
  • 画像マッチングを用いる
  • ブラウザに合ったWebDriverを使う
    利用しているブラウザのバージョンに合ったWebDriverを使いましょう。詳しくは「02_WinActor_ブラウザ操作シナリオ作成マニュアル.pdf – 4.WebDriver の導入手順」をご覧ください。

▼本気でWinActorをマスターしたいならこちらをチェック

  • WinActorの使い方 入門 6つだけ覚えればOK!(詳細
  • WinActorノードやライブラリの使い方 一覧(詳細
  • WinActor開発スキルアップ記事まとめ(詳細
  • WinActor勉強方法 独学から研修まで幅広くご紹介(詳細

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
タイトルとURLをコピーしました