ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】表の値取得の実装方法【Chrome, Firefox, Edge】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザでの表の値取得方法をご紹介します。 表の値取得を実装する前に ブラウザ起動しページを開いておく 表の値取得を実装する前に、ウェブブラウザ...
RPA導入

社内でRPAツールを導入したときの失敗談

社内にRPAツールを導入してしばらく経ち効果も出てきましたが、初期のころはトラブルも多く、なかなかうまくいきませんでした。この記事では失敗した話や解決策について書いていきたいと思います。
ノード・ライブラリの使い方

【分岐・多分岐ノード】WinActorで条件ごとに処理を変える方法

RPAネコ あなたは、場合によって処理を変えたいと思ったことはありませんか?分岐ノードを使えばそれが実現可能です。 今回はRPAソフトウェアWinActorで、条件によって処理を変える方法をご紹介します。 条件分...
ノード・ライブラリの使い方

【繰り返しノード】WinActorで処理を繰り返す方法

RPAネコ あなたは、同じ作業を自動で、数十回数百回やってほしいと思ったことはありませんか?繰り返しノードを用いればそれが実現可能です。 今回はRPAソフトウェアWinActorで、処理を複数回繰り返す方法をご紹介します。 ...
開発テクニック

WinActor エラーや想定外の動作を検知する方法

RPAネコ あなたはこんな悩みはありませんか? RPAが想定外の動作や間違った動作をしても知るすべがないエラーが出ても何が原因か分からないことがある 今回はエラーや想定外の動作を検知する方法をお伝えします。基本的な部分か...
ノード・ライブラリの使い方

XPathって何? 取得方法など分かりやすく解説 – WinActor

XPathとは XPathとはざっくりいうと、Webページ上のボタンや入力欄を見つけるための「住所」のことです。RPAロボはこの住所を元に、処理対象の要素を見つけ出します。 Chrome(クローム)、Edge(エッジ)、Fir...
ノード・ライブラリの使い方

WinActor「選択できないコントロールです」エラーへの対処法

RPAネコ 自動記録アクションライブラリで、対象コントロール指定をすると「選択できないコントロールです。」というエラーが出ることがあります。 「選択できないコントロールです。」エラーが出てきて、クリック操作や文字列取得ができ...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】tag indexって何?徹底的に解説!

クリックライブラリ等のプロパティ詳細設定を開くと、tag indexの設定ができますよね。ですが、tag indexって何なんでしょうか?今回はその疑問を解決します。 tag index以外にも、nameや...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】クリックの実装方法【Chrome, Firefox, Edge】

RPAネコ 今回は、Chrome, Firefox, Edgeブラウザでのクリック実装方法をご紹介します。 クリックを実装する前に ブラウザ起動しページを開いておく クリックを実装する前に、ウェブブラウザを...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】エミュレーションの使い方

RPAネコ WinActorにはエミュレーションというライブラリがあります。このライブラリは、マウス移動、クリック、キーボード入力、指定時間待機などが出来ます。 エミュレーションのメリット エミュレーションを使え...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました