RPA

開発テクニック

【WinActor】止まらないRPAツールをつくる!

RPAネコ 苦労してようやく完成した、RPAツール。何度も動作確認して、何度も作り直して、本番運用までなんとか持ってこれました。しかし、いざ動かしてみると… 予期しないエラーが発生して止まる想定外の動作をする などといっ...
ノード・ライブラリの使い方

【WinActor】画像マッチングの使い方

RPAネコ WinActorには画面上の画像を検索して、その画像が表示されているかチェックしたり、クリックしたりできる機能があります。今回は、この画像マッチングについてご紹介します。 画像マッチングで出来る事 画...
ノード・ライブラリの使い方

【簡単にわかる】IE上の表データを取得する方法【表の値取得】

RPAネコ RPAソフトウェアWinActorで、IE上の表データを取得する方法についてご紹介します。 この記事を読むと以下のようなことができるようになります。 表内に書いてあるデータを取得出来るようになる表の行数、列...
RPA運用

RPA推進に必須!利用マニュアルの作り方

RPAネコ あなたはこんな悩みを抱えていませんか RPAツールの使い方をなかなか覚えてもらえない。疑問やエラーがある度ツール作成者が対応するので、他の業務が進まない。 この記事はそんなお悩みを利用マニュアルを作成によって...
WinActor

【WinActor】待機処理で失敗するときの対処法

webサイトの画面が切り替わっていないのに、RPAツールが次の処理に進んでしまい、エラーで止まってしまうことがあります。この場合は待機部品を使用して、画面が切り替わるまで待つようにすればいいのですが、それだけで解決しない場合も多々あります。今回はWinActorの待機部品の紹介と、うまくいかない場合の対処法をご紹介していきます。この記事を読めば大体の待機処理の問題は解決できるようになるはずです。
ノード・ライブラリの使い方

【繰り返しノード】WinActorで処理を繰り返す方法

RPAネコ あなたは、同じ作業を自動で、数十回数百回やってほしいと思ったことはありませんか?繰り返しノードを用いればそれが実現可能です。 今回はRPAソフトウェアWinActorで、処理を複数回繰り返す方法をご紹介します。 ...
開発テクニック

WinActor エラーや想定外の動作を検知する方法

RPAネコ あなたはこんな悩みはありませんか? RPAが想定外の動作や間違った動作をしても知るすべがないエラーが出ても何が原因か分からないことがある 今回はエラーや想定外の動作を検知する方法をお伝えします。基本的な部分か...
RPA運用

RPA推進に必須!仕様書の作り方

RPAネコ あなたはこんな悩みを抱えていませんか 仕様書に何を書けばいいかわからないツール内容は作った人しか知らないため、今後の運用を考えると不安 この記事はそんなお悩みを仕様書を作成によって解決します。 記事の後...
ノード・ライブラリの使い方

【分岐・多分岐ノード】WinActorで条件ごとに処理を変える方法

RPAネコ あなたは、場合によって処理を変えたいと思ったことはありませんか?分岐ノードを使えばそれが実現可能です。 今回はRPAソフトウェアWinActorで、条件によって処理を変える方法をご紹介します。 条件分...
WinActor

WinActor待機方法をまとめてみた!もうエラーを起こさない

待機部品は、次の画面に移動するまでRPAツールが待つようにする部品です。WinActorには複数の待機部品があり、それぞれ特性が異なりますので、使い分ける必要があります。今回は待機部品の機能や使い方を紹介していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました