RPA経験をもとにお役立ち情報発信中!

JPathって何? 取得方法など分かりやすく解説 – WinActor

JPathとは

JPathとはざっくりいうと、Javaアプリケーション上のボタンや入力欄を見つけるための「住所」のことです。RPAロボはこの住所を元に、処理対象の要素を見つけ出します。

Javaアプリケーションの操作をWinActorで自動化する際に必要となります。

RPAロボ
RPAロボ

JPathは「~~」だからこのボタンをクリックすればいいんだな!

JPathの取得方法

1.WinActorのメインメニューからツール>JPath取得を選択します。

2.JPath取得ツールが起動したら、コントロール選択ボタンを押します。

3.マウスの形状が十字に変わったら、Javaアプリケーション上のJPathを取得したい要素をクリックします。

4.JPathは以下のボタンを押すことで取得できます。

5.「②取得したJPathをコピー」ボタンを押した後に「Ctrl+V」を押すとJPathを貼り付けることができます。

▼本気でWinActorをマスターしたいならこちらをチェック

  • WinActorの使い方 入門 6つだけ覚えればOK!(詳細
  • WinActorノードやライブラリの使い方 一覧(詳細
  • WinActor開発スキルアップ記事まとめ(詳細
  • WinActor勉強方法 独学から研修まで幅広くご紹介(詳細

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
タイトルとURLをコピーしました