RPA経験をもとにお役立ち情報発信中!

WinActor「選択できないウィンドウです」エラーへの対処法

RPAネコ
RPAネコ

RPAネコ(@PRAneko)です!

自動記録アクションライブラリで、ウィンドウ選択をすると「選択できないウィンドウです。」というエラーが出ることがあります。

「選択できないウィンドウです。」エラーが出てきてしまいます…。

今回は、これに対する解決法をいくつかご紹介します。

自動記録を使ってみる

自動記録を使ってみると、問題なく実装できる場合もあります。一度試してみてください。

〇〇(IE)と〇〇(Win32)を入れ替えてみる

例えば、クリック(IE)ライブラリでエラーが出た場合、クリック(WIN32)で実装してみると、エラーが出ない場合があります。

RPAネコ
RPAネコ

IEから出てきたポップアップ(ダイアログ)が、〇〇(WIN32)ライブラリで実装できた、といった場合もあるよ

タイトルバーをクリックする

画面読み込み中にウィンドウ選択したり、ウィンドウ選択時に画面遷移するようなボタンをクリックするとエラーが出ることがあります。

そのため、ウィンドウ選択時にはタイトルバーをクリックするのがオススメです。

保護モードを無効にする

IEの保護モードを無効にすると選択できるようになる場合があります。

IE > 設定(歯車マーク) > インターネットオプションから以下の設定画面まで行き、「保護モード度を有効にする」のチェックを外してください。その後IEブラウザをすべて閉じてから、再度開いてください。

まとめ

参考になりましたか。

基本的には上記の解決策のいずれかを試せば「選択できないコントロールです」エラーは解消できるはずです。

ちなみに、ウィンドウ識別エラーへの対処法はこちらの記事で紹介しています。

▼本気でWinActorをマスターしたいならこちらをチェック

  • WinActorの使い方 入門 6つだけ覚えればOK!(詳細
  • WinActorノードやライブラリの使い方 一覧(詳細
  • WinActor開発スキルアップ記事まとめ(詳細
  • WinActor勉強方法 独学から研修まで幅広くご紹介(詳細

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
タイトルとURLをコピーしました